[PR]

 福島県会津若松市の猪苗代湖で9月、小学生の男児がモーターボートに巻き込まれるなど4人が死傷した事故で、遺族の代理人弁護士が23日、記者会見を開いた。遺族側は現場が徐行が求められる区域だったとしたうえで、「徐行せず航行していた」と主張。だが、巻き込んだボートは特定されておらず、目撃情報の提供を呼びかけた。

 この事故では、遊びに来ていた千葉県野田市の豊田瑛大君(8)が亡くなり、母親(35)が両足を切断するなどした。山本達夫弁護士は会見で、瑛大君について「学校が大好きでいつも明るく、お母さん思いの優しい子だった」との両親の声を紹介した。

 山本弁護士によると、豊田さん一家は事故当時、父親の水上バイクで浮かぶものを引っ張る「トーイングスポーツ」をしており、瑛大君らが湖面に浮かんで順番を待っていた。母親は「急に大きなエンジン音がして、目の前にクルーザー(モーターボート)が現れた」と説明。逃げる間もなく巻き込まれ、ボートは走り去ったという。

 両親は現場について、航行の徐行が求められる区域(沖合300メートルまで)だったとし、ボートは「徐行せず航行していた」と主張。手記で「息子を失い、ごめんねという気持ちと、会いたいという気持ちが頭から離れない」とし、「一刻も早い犯人逮捕を望んでいる」と訴えた。

 県警は業務上過失致死傷の疑いがあるとみて捜査している。だが、現場付近には複数のボートが航行しており、巻き込んだボートの特定や状況確認に時間がかかっているとみられる。

 両親は情報提供を呼びかけるホームページ(https://team-eita.com別ウインドウで開きます)を立ち上げた。両親らが見た事故当時の状況を発信したり、目撃情報を募ったりするという。(飯島啓史)