[PR]

 ふと、母親(65)は、長女(37)が幼かったころを思いだす。

 「かわいかったよお。幼稚園のお遊戯なんてね、あの子がいつも一番! 私、アホやな。でもね、かわいくて、かわいくてしょうがなかったよ」

 いまは関東地方に住んでいる長女から携帯メールが送られてくる。

 「勝手に親ぶんな」

 「邪魔なんじゃ。はよ死ねよ」

 「あなたはもう親ではありません」

 読みおえて母親は現実に引きもどされる。携帯の画面につぶやく。

 「死ぬのも生きるのもあんたの自由。お好きにどうぞ。関わりたくありません」

異なる親子の言い分

 県内で暮らす母親は、長女を生んで1年後に離婚。以来、シングルマザーとして長女を育ててきた。

 長女は、大学を卒業後いったん実家に帰り、自殺未遂と家出を繰り返した。5年前の32歳のときに家を飛びだしてそれっきりだ。

 長女の言い分――

 私が幼稚園のころから、母親は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら