[PR]

 観光庁は24日、観光支援策「Go To トラベル」事業を全国一斉に停止する28日から来年1月11日の予約について、利用者が27日までに申し出れば、キャンセル料がかからないようにすると発表した。キャンセル料が無料となる期間は当初は24日までとしていたが、新型コロナの感染拡大が続いていることを踏まえ期間を延長し、キャンセルの判断がしやすいようにする。

 無料となるのは、12月14日までに予約していた旅行に限る。予約のキャンセルがあった事業者への補償割合を代金の35%から50%(補償額の上限は1人1泊2万円)に引き上げる特例措置の対象も、27日まで延長する。