[PR]

 加藤勝信官房長官は24日昼の記者会見で、「桜を見る会」前日の夕食会の費用の補塡(ほてん)をめぐり安倍晋三前首相の公設第1秘書が略式起訴、安倍氏が不起訴処分となったことに関し、「コメントは控える」と繰り返した。

 菅義偉首相の官房長官時代の国会答弁を訂正する必要性や、政権に与える影響について、加藤氏は「詳細については承知していないのでコメントは差し控えたい」。安倍氏の国会での説明を予算委員会の公開の場で行うべきかについても、「国会運営はまさに国会でお決めになることなので、政府としてコメントは差し控えさせていただいている」と述べた。

 政府として見解を示すにあたっては、「現時点ではまだ検察当局の対応なので、それを踏まえて安倍氏が必要な説明を今後すると思う。そういうものも踏まえ、我々としてはお答えしていかなければいけない」とした。