【動画】風船みたいな乗り物「ポイモ」=久保智、益田暢子撮影
[PR]

 11月下旬、サッカーJ1の試合が始まる前の茨城県立カシマサッカースタジアムで、ちょっと不思議な乗り物を体験した。見た目はゴムでできたスクーター。ハンドルはあるが、アクセルやブレーキは別のリモコンで操作する。聞けば、この乗り物、空気を入れて膨らませる構造になっていて、乗らない時は折りたたんで持ち運べるという。詳しく話を聞こうと、開発拠点の東京大学を訪ねた。

 乗り物の名前は、「poimo(ポイモ)」という。「Portable and Inflatable Mobility(持ち運びでき、空気で膨らませることができるモビリティー)」の略で、「風船構造」のモビリティーの開発は世界初とされる。

 ポイモはスクーターのほかにも、バイクや車いす、ソファと数種類の形がある。車体に金属を一切使わない。ボディーボードなどの材料となる高強度の布地「ドロップスティッチファブリック」を使用。布と樹脂を複合した素材のため、簡単には「パンク」しないという。

 総重量は、金属製の車輪やバッテリーを搭載したスクーター型が7.8キロ。車いす型は乗った人が手で動かすのでモーターやバッテリーを搭載せず、車輪も布製で重さは通常の車いすの半分の6.5キロ。

 車いす型以外は1時間から1時…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。