[PR]

 「桜を見る会」の前日に開いた夕食会の問題をめぐり、東京地検特捜部が安倍晋三前首相の不起訴処分を決めたことを受け、与野党は25日午後に安倍氏が国会で説明する場を設けることで合意した。衆院の議院運営委員会に安倍氏が出席し、公開で行われる。

 自民党の森山裕国会対策委員長と立憲民主党の安住淳国対委員長は24日、安倍氏の国会での説明の形式をめぐって断続的に協議。安倍氏の説明の場は、衆院の議院運営委員会で25日午後1時から、1時間をめどに開くことで合意した。参院についても同日午後に行われる見通し。

 森山氏は記者団に「これだけ話題になっている課題。安倍前総理自身も自ら発言の場を求めているので、公開の場がいいと判断した」と語った。

 立憲民主党の依頼を受けた衆院調査局の調べによると、安倍氏は首相在任時に、国会で「事務所は関与していない」「明細書はない」「差額は補塡(ほてん)していない」の3点について、少なくとも118回繰り返していたことが判明している。安倍氏は一連の経緯について国会で釈明するものとみられる。