[PR]

 広告大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が、クリスマスに過労自殺して25日で5年になる。母の幸美さんが、命日にあわせて手記を公表した。「最愛の娘が生きた24年間の一瞬一瞬をひと時も忘れることなどできません」と5年間の思いをつづった上で、「過労死問題の風化を感じています」と懸念。「在宅勤務で労働時間が増えている人もいます。コロナ禍にあってもコロナ後においても改善を継続して欲しい」と、国や社会に一層の対策推進を求めた。

拡大する写真・図版2015年12月16日、亡くなる前の最後の食事となった時の高橋まつりさん(右)と幸美さん=高橋幸美さん提供

 高橋まつりさんは2015年12月に、東京都内の女子寮で命を絶った。長時間労働による精神疾患が原因だったとして、16年9月に三田労働基準監督署(東京)が労災認定。電通は17年10月、違法残業を防ぐ措置を怠ったとして東京簡裁から罰金50万円の有罪判決を受けた。手記で幸美さんは、「長時間労働や異常な上下関係やハラスメントは、あんなに健康で明るく向上心の強かった娘をも、あっという間に『うつ病』に追い込んだ」と、悔しさを改めてつづった。

 その電通は今年11月、希望退職した正社員と、個人事業主として業務委託契約を結ぶ人事施策を明らかにしている。幸美さんは「労務管理の責任があいまいにならないように取り組んでいただきたい」とし、引き続き電通の労働環境の改善の取り組みを注視していくとした。

拡大する写真・図版2001年の冬、小学3年生の高橋まつりさん(左)と幸美さん=高橋幸美さん提供

 また手記で幸美さんは、まつりさんの事件直後は過労死をなくす取り組みが社会全体で進んだ一方、仕事が原因で命を絶つ人は19年も約2千人いたとの警察庁の統計をひいて、「いまだにたくさんの人が犠牲になっている。国は本気で過労死防止に向き合い、過労自殺を無くして欲しい。どうかこれ以上私たちのような犠牲者を増やさないでください」と訴えた。

 国は来年夏、過労死を防ぐための施策の土台となる「過労死防止大綱」を見直す。幸美さんは遺族代表の一人として、3年に1度の改定論議に初めて携わる。手記を、こう結んだ。「日本が、若者たちが希望を持って人生をおくれる国になるように発言していくことが、娘が私に遺(のこ)した使命と思い、微力ながらまつりと共に力を尽くしてまいります」(吉田貴司)

拡大する写真・図版2013年7月、富士山に登った時の高橋まつりさん(左)と幸美さん=高橋幸美さん提供

《高橋幸美さんの手記全文》

 ※表記などは原文のまま掲載しています

まつりの5年目の命日によせて

高橋幸美

2020年12月25日

 「こんな富士山のある田舎で育ったのは、今思えば、幸せだったのかもしれないな。お母さんと弟とカニを捕まえたり、ホタルを見に行ったり、川で泳いだり……」とまつりが語ったのは、なくなる2、3カ月ほど前のことでした。

 まつりが亡くなって今年で5年目のクリスマスを迎えました。最愛の娘、生きていたら29歳です。

 まつりはいつも「お母さん、お仕事終わったの」と電話してくれました。東京に行くと駅まで迎えに来てくれて「お母さん大好き」とぎゅっと抱きしめてくれました。まつりの笑顔が私の幸せ、生きる希望でした。いつかの誕生日のように「お母さんおめでとう」と突然帰ってきてくれることを夢見ています。

拡大する写真・図版2008年12月、高校2年生の高橋まつりさん(左)と幸美さん=高橋幸美さん提供、写真の一部が加工されています

 でも、私が仕事帰りに向かうのは娘のお墓です。どんなに娘を思っても、二度とまつりを抱きしめることはできません。

 娘のベッドには小さい頃のパジャマとお人形とぬいぐるみ。娘の眠る赤い箱の前には、小さい頃遊んだオルゴールの宝石箱。母の日の手紙。きらきらのアクセサリーや口紅。娘が可愛がっていた猫の「ももちゃん」。たくさんの娘の遺した大切な娘の息遣いと一緒に、私は5年間なんとか生きてきました。

 「死んだ子の年を数える」と言いますが、嘆いても仕方のないことだとわかっていても、最愛の娘が生きた24年間の一瞬一瞬をひと時も忘れることなどできません。最愛の娘を失った苦しみは一生癒えることはありません。

 5年前、まつりは確かにこの世界に生きていました。「こんなに辛いと思わなかった」「休職か退職か自分で決めるからおかあさんは口出ししないでね」と言ったまつり。「会社の色んな人に相談したからもう大丈夫になったはず」と11月に私に言ったのに、徹夜労働や深夜勤務は続いていました。

 2015年12月25日クリスマスの朝、入社後わずか9カ月、24歳になったばかりの人生を終わらせました。

 私は駆けつけた警察で娘の自殺の原因を尋ねられた時「仕事が原因です」とすぐに答えました。

 「電通に入社しなければ、あの部署に配属されなければ、娘は自ら命を絶つことはなかったのだ」と後悔はつきません。

拡大する写真・図版2015年3月に大学の卒業祝いをした時の高橋まつりさん(左)と幸美さん=高橋幸美さん提供

 娘は「文章力や発想力、コミュニケーション能力を発揮したい。早く自立して母に仕送りをしたい」と年収が高いと評判の電通を就職先に決めました。

 私は電通の激務の評判や過去に過労自殺があったことを知り、とても心配でした。でも娘は「私は大丈夫。ハングリー精神で色んな困難を乗り越えてきたんだから」と言いました。

 しかし長時間労働や異常な上下関係やハラスメントは、あんなに健康で明るく向上心の強かった娘をも、あっという間に「うつ病」に追い込んだのです。

 「これ以上耐えられない。この会社でキャリアを積むことは考えられない。辞めよう」と考えていたのに、責任感の強い娘は頑張っているうちに、「苦しい、辛い、死にたい」と考えるようになり、「死んでしまったら苦しみから逃れられる」と自分で気付かない間に正常な判断ができなくなったのです。

 「残業するなと言われるのに、新人は死ぬほど働けとか言われて意味分からない。この会社おかしい」「今週10時間しか寝ていない」「生きるために働くのか、働くために生きるのか分からなくなってからが人生」「これが続くなら死んだ方がよっぽど幸せなんじゃないかとさえ思う」

 2016年10月私が娘の過労自殺を公表した当時、これらの娘のSNSは多くの働く人の共感を呼びました。過労死問題は連日、テレビや新聞やネットニュースで取り上げられ、その後、日本中の多くの職場で長時間労働やハラスメントを無くす動きがおこりました。企業は優秀な学生を採用するために社内の働き方の改善に努めました。

 私の元には仕事で追いつめられた沢山の人たちの声が寄せられ、「まつりさんの苦しみとお母さんの悲しみを自分と重ね合わせ、自死を思い留まった」と打ち明ける方はひとりではありませんでした。娘の命の犠牲によって、日本から過労自殺がなくなり、若者たちの命が救われるのではないかと期待しました。

 ところが昨年「仕事が原因」で自殺した人は警察庁発表で1949人もいます。労働環境を改善しない職場で、未だにたくさんの人が犠牲になっているのです。

 国は本気で過労死等の防止に向き合い、すべての業種で過労死ラインの労働とハラスメントを禁止し、11時間以上の勤務間インターバル制度を義務化し、過労自殺を無くして欲しいと思います。どうかこれ以上私たち母娘のような犠牲者を増やさないでください。

拡大する写真・図版大学3年生になる前の春休みにハイキングした時の高橋まつりさん(左)と幸美さん=高橋幸美さん提供

 またこの一年、人々の意識から過労死問題の風化を感じています。過労死の記者会見があっても、報道されることが少なくなりました。過労死・過労自殺が無くなっていないのに、問題が風化することは、国民の命と健康を守ることが困難になると大変危惧しています。

 新型コロナウイルス対策で、在宅勤務を導入し社員の健康に配慮した働き方の改善に努めている企業がありますが、在宅勤務で逆に労働時間が増えている人もいます。コロナ禍にあっても、コロナ後においても改善を継続して欲しいと思います。

 電通に関する報道があるたびに言葉にできない複雑な心境になりますが、電通に対しては引き続き、グループ全体での労働環境の改善の取り組みを注視して参ります。社員の個人事業主化ということが政策に上がっていますが、会社の労務管理の責任が曖昧にならないように取り組んでいただきたいと思います。

 また、日本でこれまで立場の弱い人たちが、コロナ禍で一層追い込まれていると感じています。非正規雇用労働者、低賃金の業種、ひとり親家庭などの年収が低い人達が、さらに生活が困窮して追いつめられています。

 国の雇用政策の中で、望まないのに非正規雇用に就いている人は年々増加しています。私が長時間労働の削減を訴える度に「残業代が減って困る」という声があがります。生活の為に長時間労働をしなければならないような、労働条件の悪い雇用形態をやめ、賃金を底上げする労働政策に転換して欲しいと思います。このような政策は貧困対策や、虐待、いじめ、少子化対策、子育て支援、自殺防止、過労死防止にもつながるのではないでしょうか。

 自殺者の増加にも胸を痛めております。相談体制の充実は重要ですが、国民の生き辛さの根本的な問題の解決を行い、あらゆる人の痛みに向き合い、支援し、救済し、必死で生きている人たちが報われる国にして欲しいと思います。

 私は2年間、厚生労働省の過労死等防止対策推進協議会において遺族の代表の1人として、娘が苦しみの中で命を絶った経緯や、長時間労働やハラスメントの恐ろしさを語り、過労自殺を無くす実効性のある対策を講じて欲しいと訴えて参りました。日本が、誰もが安心して活き活きと働き、若者たちが希望を持って人生をおくれる国になるように発言していくことが、娘が私に遺した使命と思い、微力ながらまつりと共に力を尽くしてまいります。