拡大する写真・図版ヒバクシャ国際署名連絡会が21日、SNSで「最後までご協力を」と呼びかけた。署名の締め切りに向け連日、カウントダウン形式で投稿している=ツイッターから

[PR]

 すべての国に核兵器禁止条約への参加を求める「ヒバクシャ国際署名」の呼びかけが、今月31日に締め切りを迎える。すでに1260万人分以上が寄せられており、来年1月22日の条約発効前に国連に提出する。

 署名の締め切りを前に、21日からSNSでカウントダウンキャンペーンを始め、被爆者らがメッセージ動画で「一人でも多くの署名を」と訴えている。

 21日は、ヒバクシャ国際署名のツイッターやフェイスブックに長崎で被爆した和田征子さん(77)のメッセージ動画が投稿された。大きな数を集めることができた署名活動は「市民の力を示すものであり、後世に誇れる」とし、「最後の一人まで署名をいただきたい」と訴えた。

 オンラインの署名は連絡会のホームページ(https://hibakusha-appeal.net/)で受け付けている。

拡大する写真・図版ヒバクシャ国際署名への協力を呼びかける被爆者、和田征子さんのメッセージ動画=ツイッターから

 続く22日には広島で被爆した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら