[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に送り届けたカプセルで、小惑星「リュウグウ」へ2回目に着陸した際に採取した砂が入ったエリアを開封したと発表した。はやぶさ2が人工クレーターを作って採取した地下のものと期待される砂で、最大で1センチほどの石もあった。

 15日に開封した表面の砂の倍ほどの大きさがあり、臼井寛裕(ともひろ)・地球外物質研究グループ長は「2回目に着陸した場所の岩盤が硬く、割れて大きな粒になったために粒が大きい可能性がある」と話した。分析を進め、地下で眠っていた砂かどうかを判断する。採取した砂は計約5・4グラムと見積もられ、目標としていた0・1グラムを大きく上回った。

 また、カプセル内部からはアルミのような人工物も見つかった。沢田弘崇・主任研究開発員は「(試料回収装置の)サンプラホーンをカバーしていたアルミがちぎれて混ざったのではないか」と説明した。(小川詩織)