[PR]

 「桜を見る会」の前日に開いた夕食会の問題をめぐり、東京地検特捜部が安倍晋三前首相の不起訴処分を決めたことを受け、菅義偉首相は24日夜、官房長官時代の自らの答弁や説明について、「必要に応じて前総理に確認をしながら答弁をしてきた。しかし、事実と異なる答弁に私自身もなってしまい、国民に大変もうしわけない」と陳謝した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。安倍氏の責任については「いま安倍前首相が説明している」と述べるにとどめた。桜を見る会の招待者名簿などの再調査を行うかについて問われたが、「国会の中で質疑応答がきちっと行われてきている。予定はない」と述べた。

 安倍氏の公設第1秘書が政治資金規正法違反(不記載)の罪で略式起訴されたことについては、首相は「国会において安倍前総理が説明を行ってきた事実が違っていたことについては重く受け止めたい」と語った。

 一方、安倍晋三前首相は24日午後6時からの記者会見で、今回の事件が内閣支持率に与える影響を問われ、「どのような影響を与えるか、私はお答えのしようがない」と述べた。そのうえで「政治に対する信頼、我が党に対する信頼について、回復すべく努力していきたい」と語った。