[PR]

 あの「カチカチ」なアイスが簡単に食べられる――。東海道新幹線の車内販売を手がけるジェイアール東海パッセンジャーズは26日、「N700Sアルミアイスクリームスプーン」を車内販売限定で発売する。冷たく硬いことで有名で、インターネット上などで「シンカンセンスゴイカタイアイス」とも呼ばれてきた車内販売のアイスも簡単に食べられるという。税込み600円。

 アルミ製で、手の熱がスプーン全体に素早く伝わることでアイスを溶かしながら食べることができる。東海道新幹線をイメージした青色で、7月にデビューした新型車両「N700S」のロゴや車両イラストがあしらわれている。

 担当者は「(一つ300~390円の)アイスと合わせると千円近くしてしまうが、ぜひセットで買っていただければ」と話している。(初見翔)