「ノーミスのパーフェクト」を宣言 坂本花織、一問一答

有料記事

[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、長野市のビッグハットで開幕する。24日は公式練習があり、20歳の坂本花織シスメックス)は入念に氷の感触を確かめた。初の全日本女王に輝いたのは2018年。ただ、不振に苦しんだ昨季は6位に沈み、演技後に大粒の涙をこぼした。だが、今季は11月のNHK杯でグランプリ(GP)シリーズ初優勝。勢いに乗っている。

 2年ぶり2度目となる女王に返り咲けるか。練習後の報道陣との主なやり取りは次の通り。

 ――公式練習を滑ってみて感触は。

 「(地元の神戸市立)ポートアイランドのリンクみたいな感じだなって。ただ、それ以上にスピードが出てしまうし抑えることもできないので、試合までに自分のいいスピードでいけるように何とかしたいなと思っています」

 ――11月のNHK杯後は主にどういう部分の練習を?

 「スピンの取りこぼしとかが…

この記事は有料記事です。残り850文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]