【動画】「桜を見る会」の前日に開かれた夕食会を巡る費用問題。安倍氏の国会での答弁を振り返る
[PR]

 私が知らないなかで行われていた――。「桜を見る会」前日の夕食会をめぐり、1時間あまりに及んだ安倍晋三前首相の記者会見。おわびの言葉とともに強調されたのは、自らの関与の否定だった。「監督責任は」「本当に知らなかったのか」。市民の不満は根強く、疑問も尽きないままだ。

 「普通の会社ならば、上司として監督責任を問われるのではないか」。安倍晋三前首相が不起訴となり、公設第1秘書だけが略式起訴されたとのニュースが流れると、川崎市の主婦(64)は苦言を呈した。

 10年ほど前に株式への投資を始めると、アベノミクスの影響もあって株価が上昇。数百万円の利益を得て、恩恵を受けてきた。だが安倍氏の会見には「すっきりしない」。桜を見る会の前日の夕食会の費用補塡(ほてん)は知らなかったと、安倍氏は強調したが「会社なら上司への相談なしに重要な判断はできない。知らないわけがないのでは」と疑問を拭いきれない。

 茨城県の工場で働く男性(28)も「あれだけ騒がれた問題で、秘書がきちんと報告しないはずがない。『知らなかった』では済まないのでは」と語る。

 「首相を辞任した理由は病気じゃなくてこっちだったのか、と思ってしまう」と話すのは、千葉市の投資運用会社幹部の男性(41)だ。菅義偉首相が安倍氏をかばっているように見えることも気になっているという。「トップの求心力は株価に影響が出る。年明けは値下がりするかも」と語った。

 一方、横浜市の看護師の女性(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。