【動画】「桜を見る会」の前日に開かれた夕食会を巡る費用問題。安倍氏の国会での答弁を振り返る
[PR]

 「桜を見る会」前日の夕食会の問題をめぐり、自らは不起訴となった安倍晋三前首相は24日午後、急きょ記者会見を開いた。事実と異なる説明を続けた過去の国会答弁を謝罪する一方、自身の関与は繰り返し否定。不正な会計処理は、事務所任せだったことで起きたとの考えを強調した。

 「深く、深く反省するとともに、国民のみなさまに心からおわび申し上げます」。24日午後6時、東京・永田町の衆議院第1議員会館の会議室。記者会見に姿を見せた安倍氏は、何度も謝罪の言葉を口にしながら頭を下げた。

 ただ、「桜を見る会」の前日の夕食会の費用補塡(ほてん)については「道義的責任を痛感」とするものの「私が知らないなかで行われていた」と関与を否定。7年8カ月の第2次政権時代には職務に多忙で、地元や東京の事務所には1回か2回しか行かなかったと釈明し、会計処理などは「責任者に任せていた」と強調した。

 また、過去の国会答弁との整合性についても、「(当時)事務所に幾度も確認した」とし、安倍氏は自身の事務所側から事実を確認した時期について「最近」と説明。「(秘書が)私に真実を述べることができなかったということだ」と、自身は把握していなかったとの認識を繰り返した。

 持病の悪化に伴い、歴代最長政権に自ら幕を閉じた安倍氏。桜を見る会をめぐる一連の疑惑は、安倍氏にとって、9月の首相辞任後も足かせであり続けた。

 11月下旬、東京地検特捜部が…

この記事は有料会員記事です。残り1457文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1457文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1457文字有料会員になると続きをお読みいただけます。