岩見沢で累計降雪量379センチ 市長、外出自粛訴え

戸田拓
【動画】岩見沢で累計降雪量379cm=戸田拓撮影
[PR]

 北海道岩見沢市は24日、今月に入ってからの積雪や雪による人的被害の状況を発表した。市内では22日に、12月の観測史上最多となる142センチの積雪を記録。雪下ろしや落雪による人的被害は、23日までに死亡2人を含む25人に及んだという。

 市によると24日までの累計降雪量は379センチに達した。市内の道路沿いには除雪作業でできた高さ3メートル以上の雪の壁が並び、自動車の往来にも支障をきたしている。市は豪雪対策本部を設置し、道に応援も要請して除排雪を急いでいる。松野哲市長は「年末年始も降雪、吹雪の可能性がある」として、市民に不要不急の外出を控えるよう改めて訴えた。(戸田拓)