[PR]

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバー、「あーりん」こと佐々木彩夏さん(24)は、楽曲を手話にのせて歌うパフォーマンスをソロライブで続けている。手話を学ぼうと思ったきっかけや、手話がもたらした出会い、思いがけぬファンの反響、そして、コロナ禍で迎える新年への決意を聞いた。

拡大する写真・図版手話で「I LOVE YOU」を表現する佐々木彩夏さん=2020年12月14日、東京都港区、鬼室黎撮影

 ――最初に手話を披露したのは、2016年の初ソロライブでしたね

 20歳のときにソロライブで初めて挑戦しました。ソロライブでは、曲選びや衣装のイメージ、グッズなどを全て自己プロデュースできるんです。自分は何をやりたいのかを考えて、多くの挑戦を盛り込んでいくなかで、実は小さいころから「手話をしながら歌ってみたい」という思いがあったので、このチャンスにできるかなと思って、企画書に書いたんです。実現させることができました。

 歌ったのは「青春賦」という曲でした。後輩のみんなと制服を着て、合唱コンクールみたいなイメージでやってみたいと提案しました。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。