[PR]

 5~6月、完全リモートで演劇作品を作りました。いい面も悪い面もありました。稽古が終わると同時にそのまま自分の生活に戻れて無駄がない。でも演劇も映画も、一緒に現場にいて、ああだこうだ言いながら作っていくもの。私は普段、稽古場ではすごく笑ってるんですけど、笑い声って、「賛成!」「私これ好き!」という意見の表明だと思うんです。

 でも、リモートでは自分の出番ではない時は音声も映像もオフ。一見無駄に見えるコミュニケーションがいかに重要だったか気づかされました。

 本番はオンライン配信でした。もちろん生で見るのとは別物です。以前、一人芝居の舞台で3年ほど全国を回りました。「よく一人でやるね」と言われましたが、一人で芝居なんかできませんよ。お客さんがいるからできるんです。お客さんからの反応や笑い声、波動が芝居をつくる。だから一人芝居を経験したあと、客として観劇する時は緊張するようになりました。だって責任があるから。その日の役者のパフォーマンスを左右するのは観客の一人である私。舞台はその場でできあがるものなんです。

人間は順応していく。だけど…

 緊急事態宣言で休業を余儀なくされたスナックを舞台にしたNHKドラマ&ドキュメント「不要不急の銀河」(20年7月放送)で「大ママ」を演じました。ラストシーンは、でんでんさん演じる常連客の誕生日。休業していた店を開け、カラオケを歌うシーンでした。

 知り合いに、コロナ禍でデイサ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら