[PR]

 吉川貴盛・元農林水産相が大臣在任中に鶏卵業者からの現金を受け取った疑いで事務所が家宅捜索されたことを受け、野党からは吉川氏の国会招致を求める声が上がった。菅政権や自民党にとっては、安倍晋三前首相の「桜を見る会」の夕食会問題もあり、相次ぐ「政治とカネ」問題の逆風にさらされている。

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は25日、記者団に「長期政権のうみが出た。自民党全体が腐敗している可能性が高い」と批判。吉川氏がすでに議員辞職していることに触れ、「菅政権は全部隠す方に、くさい物にふたをする方に走っている。国会で実態解明をしっかりやっていきたい」と述べた。

 同日午前、衆院予算委員会の理事懇談会が開かれ、野党側は予算委員会の集中審議を開き、吉川氏を参考人として招致することを求めた。与党側は吉川氏が病気を理由に議員辞職していることから、難色を示した。

 加藤勝信官房長官は記者会見で「捜査機関の活動に関する事柄なのでお答えは控えたい」と述べるにとどめた。野上浩太郎農水相は会見で、吉川氏の疑惑をめぐり「報道などをもとに現段階で調査を行うことは考えていない」とした。

 与党内からは相次いで「政治とカネ」問題が起きていることに懸念の声が出た。閣僚経験者の一人は「吉川氏の問題は、とても言い逃れ出来るものじゃない」と語る。自民党幹部は「政権の支持率にも影響するだろう。とても選挙を出来る状態じゃない」と話した。

 同党の石破茂元幹事長は「報じられるような資金の流れがあって、本来あるべき政策が変わっていたとしたら国民の利益にならない」と記者団に語った。