[PR]

 12月23日に82歳で亡くなった作詞家で直木賞作家のなかにし礼さん。数多くのヒット曲の中でも、1978(昭和53)年に発売された「時には娼婦(しょうふ)のように」は、その刺激的な内容で大きな話題を集めた。この楽曲を歌った黒沢年雄さん(76)は当時30代。歌の思い出、なかにしさんとの交流などを聞いた。

拡大する写真・図版黒沢年雄さん

 すでに映画やテレビでスターの座を確立していた黒沢さんは『結婚したい独身男性ナンバーワン』に選ばれるほどの人気だった。

 「プレーボーイで、ムンムンと男くささが漂っていたのでしょうね。でも、それがコンプレックスでもあったんです。(この曲を)歌うのも少し抵抗があったなあ」

 黒沢さんは、当時を、そう振り返った。

 今年、なかにしさんと電話で話…

この記事は有料会員記事です。残り438文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。