[PR]

 福井県にある原発から出る使用済み核燃料を巡り、中間貯蔵施設の県外候補地を年内に提示するよう関西電力に求めていた杉本達治知事は、25日の定例会見で「県外立地で議論されていると聞いている。まずは関電の話を聞きたい」と述べた。関電の松村孝夫副社長が同日午後、福井県庁で桜本宏副知事と面会した。

 杉本知事はこれまで、運転40年を超える関電の老朽原発3基の再稼働に同意する前提として、中間貯蔵施設の県外候補地の提示を求めてきた。「期限」は今月末に迫っている。

 大手電力10社でつくる電気事業連合会(電事連)は17日、青森県むつ市の施設を電力各社で共同利用する案を検討していると表明。関電の森本孝社長は「積極的に参画したい」との意向を示している。ただ、むつ市の宮下宗一郎市長は朝日新聞の取材に、関電の使用済み核燃料受け入れに否定的な考えを示している。

 会見で杉本知事は、共同利用案…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら