[PR]

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、菅義偉首相がインターネット番組の冒頭で「こんにちは、ガースーです」と述べて批判を浴びたことをめぐり、河野太郎行政改革相は25日、「何か問題があるのか。揚げ足取りに近いようなことはあまり気にする必要はない」と首相を擁護した。

 河野氏は日本記者クラブでの会見で、「(首相は)ネットでガースーと言われている。別に私が(河野を逆から読んで)『ノーコーです』と自己紹介したって、おかしなことがあるとはまったく思っていない」と語った。「コロナを抑えながら経済を回復させる。ある面、二律背反するようなものをどうやっていくかを、菅内閣として一致団結してやっていかなければいけない」と訴えた。

 首相は11日のネット番組で「ガースーです」などと述べ、出演者の笑いを誘った。これにSNS上で「無神経だ」などと批判が集中し、野党議員からも「緊張感のない発言であぜんとした」との声が上がった。与党内でも「無理をして言ったんだろうが、余計なことをしなくていい」(自民党幹部)と、発言を疑問視する見方が出ていた。