[PR]

 大阪府は25日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、大阪市内の居酒屋などに29日まで求めている営業時間短縮の要請について、来年1月11日まで延長すると決定した。病床の逼迫(ひっぱく)が続いているためで、吉村洋文知事は「苦渋の判断だが、一定延長しなければならない」と話した。

 午後9時までの時短要請を、30日から1月11日までの13日間延長する。要請に応じた店舗には市の上乗せ分20万円を含めて計72万円を支給する。