[PR]

 京都国立博物館(京都市東山区)は特別企画「文化財修理の最先端」を催している。歴史上貴重な品々はどのように世代を超えて今に残ったかにスポットを当て、近年修復を終えた作品を厳選してお披露目中だ。

 書跡や古文書、仏画に彫刻。どんな文化財も脆弱(ぜいじゃく)な有機質でできている限り、経年劣化は免れない。京博敷地内の文化財保存修理所では、伝統の技を受け継ぐ専門家が日々、文化財の修理にあたっている。開所40年記念の本展は、普段は裏方に徹して目に触れることのないプロフェッショナルたちの地道な仕事を知ってもらう試みだ。

 オリジナルを尊重しつつ傷つい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら