[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、長野市のビッグハットで開幕。男子ショートプログラム(SP)があり、宇野昌磨(トヨタ自動車)は94・22点で3位だった。

 昨年と同じ「グレート・スピリット」で臨んだ宇野は、冒頭の4回転フリップを着氷。続く4回転トーループで転倒した。それでも演技後は笑顔を見せた。

 スイスに拠点を置いていた宇野は、参戦予定だったGPシリーズ・フランス杯が中止となり、今大会が今季初戦となる。プログラムは「変えるつもりだったが、変えられなかった」と昨季のものを継続した。

 昨季の全日本は羽生結弦(ANA)との直接対決を制し、4連覇を達成していた宇野。24日の公式練習では「久々にみんなと滑れて楽しかった」と笑顔が目立った。「『今の自分よりもっと良いものを』という気持ちで練習してきた。全力を尽くしたい」と語っていたが、出遅れた。