[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、長野市のビッグハットで開幕した。男子ショートプログラム(SP)では、17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)が98・60点で2位と好発進。冒頭の4回転サルコー―2回転トーループを着氷すると、続く4回転トーループも下りた。演技を終えると、手応えをかみしめるようにガッツポーズ。キス・アンド・クライで得点を確認すると、笑顔で自ら拍手した。

 昨年の全日本は、ジュニア選手ながら、宇野昌磨(トヨタ自動車)、羽生結弦(ANA)に続く3位に食い込んだ逸材だ。今季からシニア転向し、初参戦のグランプリ(GP)シリーズとなった11月のNHK杯では優勝。勢いのまま、今大会では優勝をめざしている。

 演技後の報道陣との主なやり取りは次の通り。

 ――滑り終わった感想は。

 「このSPに関しては、本当に全てを懸ける思いで集中して『これだけは絶対に逃したくない』っていう気持ちがあったので、ミスなく終われたことはすごくうれしく思っています。強いて言うなら、サルコーの後のセカンド。あれは意図的に2回転トーループにしたんですけど、ちょっと回りすぎちゃったので。でも、一応いい形で成功できたのでよかったとは思っています」

 ――予定では4回転サルコー―3回転トーループだった。

 「はい、そうだったんですけど、少しサルコーが回り過ぎちゃって。トリプルをつけようと思ったんですけど、ちょっと無理だなって思ったので安全なほうにしました」

 ――98・60点。パーソナルベスト更新です。

 「すごく、うれしく思っています。別に、点数を見てあーだこーだ考えることはあんまりないので、点数は素直にうれしく思います」

 ――最後はガッツポーズのように見えたが。

 「ガッツポーズだったんですよ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら