[PR]

 焼き鳥チェーン大手の鳥貴族は25日、「鶏皮チップ」など全メニューの2割強にあたる15商品の提供を休止したと発表した。営業時間の短縮で客数が減り、品数を絞って効率化を図る。

 鳥貴族は60~65種類のメニューをそろえているが、今回は「鶏皮チップ」のほか、「鶏塩煮玉子ラーメン」や「ハート香草バター焼」など期間限定の商品を中心に提供を取りやめた。再び扱うかは未定。新メニュー1品についても来年1月1日からの販売予定を延期するという。

 東京や大阪など自治体の要請が相次ぎ、鳥貴族は今年11月末から大半の店舗で時短営業を実施している。注文数も減っているといい、広報担当者は「各店の在庫や廃棄量などを踏まえて休止するメニューを決めた。無駄な廃棄やコストを減らしていきたい」と話す。(加茂謙吾)

拡大する写真・図版鳥貴族の店舗=2020年5月、大阪市中央区

拡大する写真・図版鳥貴族のメニュー