[PR]

 トヨタ自動車系の大手部品メーカーが、トヨタが発売した新型の燃料電池車(FCV)「ミライ」向けの部品生産を強化している。6年ぶりに全面改良されたミライでは部品の性能も初代に比べ、大幅に向上した。各社は、今後の量産効果に期待している。

 豊田合成(愛知県清須市)は、約120億円を投資した三重県いなべ市の工場で、新型ミライに搭載される「高圧水素タンク」の生産を11月から始めた。ラインオフに合わせて工場内部が報道機関に公開された。

 初代ミライでは2本だったタンクが1本増え、航続距離は3割増の約850キロまで伸びた。タンクはトヨタと共同開発し、3本のなかで最小のものをつくる。直径約30センチ、全長約70センチで、車両の後部に配置される。

■タンク水素量…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら