[PR]

 新型コロナウイルス感染の急拡大で患者を受け入れる病床が不足しつつあることを受け、政府は25日、予備費から新たに2693億円を支出し、病床を確保した医療機関に補助金を出すなどの支援策を閣議決定した。

 入院患者の増加に対応する「医療提供パッケージ」に盛り込んだ。対象は都道府県知事が病床が逼迫(ひっぱく)していると判断した地域で、新型コロナの重症者向け病床がある医療機関に対し、1床当たり1500万円を補助する。重症者以外のコロナ患者を受け入れる病床も1床当たり450万円の補助金を出す。今年度内の緊急措置で、現在、新型コロナの患者を受け入れている病床も対象に含まれる。

 医療機関が新型コロナ患者用の病床数を申請し、国が医療機関に直接、補助金を出す。医療機関は人件費や感染防止費用に充てることができる。政府はまた、地域の医療機関同士で患者の受け入れ状況の共有を促すほか、緊急時には職員配置基準を柔軟化できるようにすることも打ち出した。

 この日の閣議では、営業時間の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。