[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に開いた夕食会の費用を補塡(ほてん)していた問題で、安倍氏は25日、衆参両院の議院運営委員会に出席し、首相在任時の国会答弁が事実と異なることを認め、謝罪した。ただ、補塡の詳細な仕組みなど疑惑の核心は答えないままで、真相は明らかにならなかった。

 安倍氏は衆院議運委で冒頭、夕食会の費用補塡をめぐり、自身の公設第1秘書(辞職)が政治資金規正法違反の罪で略式起訴されたことについて「私が知らないなかとはいえ、道義的責任を痛感している。深く深く反省し、国民、全ての国会議員に心からおわび申し上げたい」と頭を下げた。

 夕食会の費用補塡について「事務所の関与はなかった」と否定してきた答弁については「結果として事実に反するものがあった。改めて事実関係を説明し、答弁を正したい」と述べた。

 ただ、自身の関与については「地元の第1秘書や会計責任者に任せてきた」などと否定。秘書をもっと問い詰めるべきだったとし、「大変じくじたるものがある」とも語った。

 一方、夕食会を開いたホテル側…

この記事は有料会員記事です。残り570文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り570文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り570文字有料会員になると続きをお読みいただけます。