[PR]

 大阪府高石市の住宅で9月、高齢の女性が餓死し、同居していた息子も衰弱した状態で見つかった。親子には戸籍がなく、息子は周囲に「生活費が底をつき、水と塩だけで生きていた」と語ったという。親子に何があったのか。なぜ周囲は気づくことができなかったのか。

 呼び鈴が鳴り、自治会長の70代男性が玄関に出ると、引っ越したはずの近所の高齢女性の息子が立っていた。「警察に電話して下さい」と言われ、事情がのみ込めずに聞き返すと、「母が亡くなりました」。驚いた自治会長は、裸足のまま女性宅に駆けつけた。室内のベッドの上に、やせ細った女性が横たわっていた。

 9月22日、秋分の日の朝のことだ。現場は、堺市の南側に隣接する高石市内の住宅密集地。大阪府警の司法解剖では、女性は死後数日とされ、死因は栄養不足による餓死とわかった。息子も衰弱しており、入院したが、命に別条はなかったという。

 関係者によると、息子の説明から、生活の状況が少しずつ見えてきた。「8月の終わりごろから、食費や食材に困るようになった。水と塩で何とかつないでいた」。さらに「戸籍がないので、救急車を呼んだり、市役所に相談したり、助けを求めにくかった」と明かしたという。

内縁の夫と暮らしていたが…

 戸籍がないため、はっきりしな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら