[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、長野市のビッグハットで開幕した。男子ショートプログラム(SP)では、17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)が98・60点で2位と好発進した。

 鍵山は冷静だった。

 冒頭、連続ジャンプの場面だ。4回転サルコーの着氷がわずかに回り過ぎたという。「トリプル(3回転)をつけようと思ったんですけど、ちょっと無理だなって思った」

 ここで焦らなかった。その連続ジャンプのうちの二つ目を、予定していた3回転トーループから、急きょ2回転に。「あれは意図的です。でも、良い形で成功できた。よかった」

 今季シニアに転向したばかり。…

この記事は有料会員記事です。残り301文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り301文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り301文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら