[PR]

男女共同参画基本計画に10代、20代の意見を提言した 桜井彩乃さん(25)

 ジェンダー平等に向け、今後5年間で国がとりくむ計画案が議論されていると知った今年の夏。議論の場に若者がいない。そう聞いた桜井彩乃さん(25)は10代、20代から集めた1千件の声を元に提言をまとめ、大臣に届けた。どんなことも性別によらず選べる社会にしたい。その思いの原点は、高校の合唱祭の日の出来事だった。

 結婚で96%の女性が夫の姓に変え、医学部入試では女性であることが減点理由にされる。そんな国で、どれだけ選びたいものを選んでいけるだろう。不安を感じていた今年の夏、ジェンダー平等に向け、今後5年間で国がとりくむ計画案が議論されていると知った。

 議論の場に若者はいない。30歳未満のプロジェクト「#男女共同参画ってなんですか」を発足。集まった1千余の声を元に提言をまとめ、9月、担当大臣に届けた。

 東京出身。高校2年の合唱祭の日、遅刻した男子に早く練習するよう促すと、こう言い返された。「うるせえよ。女は黙ってかわいくしてろ」。同世代でこんなことを言う人がいるなんて。ジェンダーを考えるきっかけとなった。

 「大統領になって女性差別をな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら