[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前日に開催した夕食会の費用をめぐる問題で、25日に衆参両院で行われた議院運営委員会。安倍氏自らが「説明したい」と申し出ての実施だったが、詳細を語る場面はなく、「秘書任せ」「他人任せ」の姿勢に終始した。議員辞職の要求には、「信頼回復に努めたい」と繰り返した。

 「安倍晋三後援会は代表である地元の第1秘書、ほかの政治団体もそれぞれの会計責任者に任せ、ずっと間違いがなかったわけでございます」。安倍氏は、最初の質問者だった自民の丹羽秀樹衆院議員の問いに、秘書への「全面的な信頼」を口にした。

 その秘書について、「業務上横領で告訴するんでしょうね」とただしたのは立憲の黒岩宇洋衆院議員だ。

 安倍氏は、会費以外の費用の支…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら