[PR]

 米軍三沢基地のF16戦闘機が昨年11月、青森県六ケ所村の民有地に落下させた模擬弾について、東北防衛局三沢防衛事務所は25日、地権者と村、県に回収を断念すると伝えた。米軍の探索や東北防衛局の磁気探査で発見できなかったといい、同事務所は今後、地権者との補償交渉を進める意向という。模擬弾は約230キロあった。

関連ニュース