[PR]

 東京地検は26日、新型コロナウイルスに感染していた20代の男性検察事務官が東京都内で自宅待機中に福岡市に移動していた、と発表した。移動目的などについては「プライベートな部分もあり、現時点では調査中」としている。

 地検によると、事務官は捜査部門に所属。17日朝に発熱があり、抗原検査で陽性が判明した。保健所から、この日以降27日まで自宅で待機するよう指導を受けていたが、高速バスで福岡市へ移動していたという。地検は移動日を明らかにしていない。

 山元裕史・次席検事は「極めて不適切な行為であり、深くおわび申し上げる」と謝罪した。