【動画】明日もこの星で プロローグ
[PR]

 日曜日の夜、JR名古屋駅の新幹線乗り場には、スーツケースや大きなリュックを手にしたカップルたちの姿が目立つ。マスクをつけたままキスをしたり、ずっと抱き合ったままだったり……。つかの間の週末を一緒に過ごした恋人たちは、この場所で再び別れの時を迎える。

 「気を付けてね」

 12月中旬、辻満由子さん(26)は博多行き新幹線のホームで、山口県に戻る恋人の男性(25)に手を振った。交際を始めてから約2年。いつも別れ際に「バイバイ」とは言わない。感傷的にならないように、笑って次に会う約束をする。

拡大する写真・図版山口県に戻る彼を見送るため、JR名古屋駅まで来た辻満由子さん(右)=2020年12月13日夜、杉本康弘撮影

 この時は1カ月ぶりの再会だった。手をつなぎながらのデート。スマホで記念写真を撮り、出店のソーセージを一緒に食べた。時間はあっという間に過ぎた。

 彼に会えるのはうれしいが、モヤモヤする気持ちもある。「もしも彼に感染させたら、私が感染したら」。新型コロナウイルス対策の消毒液で、デート中はいつもアルコールのにおいがしている気がする。

失業、彼にも会えず

 新型コロナウイルスの感染が急速に広がり始めた春先、2人の生活は一変した。政府が緊急事態宣言を出し、街頭から人影が消えた。それまでは、約700キロ離れていても定期的に会えていたのに、巣ごもり生活で簡単には会えなくなった。

 愛知県でドッグトレーナーとして働いていた辻さんは、コロナ禍の影響で仕事の依頼が徐々に減り、5月にはゼロになった。だが、なぐさめてほしい時、そばに彼はいなかった。

 少しでも一緒にいる気持ちにな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら