[PR]

 日本柔道の歴史に刻まれる価値ある1勝だ。体重無差別で争う全日本選手権が26日、東京・講道館で開かれ、最軽量級の男子60キロ級で世界選手権3位の実績がある永山竜樹(24)=了徳寺大職=が、初戦の1回戦で河坂有希(32)=愛媛県警=を破った。

 河坂は90キロ級の選手で、今大会の登録体重は95キロ。永山も65キロまで体重を増やして臨んだが、男子60キロ級の中でも身長156センチはひときわ小さい。普段の階級制なら4階級上、体重差30キロ、身長差15センチの相手に永山は真っ向勝負を挑んだ。

 「小さい頃から大きい選手に勝ちたいと思って柔道をしてきた」と永山。背中をつかんで圧力をかけてくる河坂に対して一歩も引かず、背負い投げや内股で果敢に攻めた。延長に入って両者が指導2を受ける消耗戦になったが、勝機は延長2分過ぎ。組み際で相手の懐に飛び込んで小外掛けを繰り出し、有効を奪って決着をつけた。

 2回戦では男子100キロ級の飯田健太郎(22)=国士舘大=に挑戦。身長188センチで手足が長い飯田に対しても小細工なし。飯田の得意技である内股を返して「もしや」の場面は作ったがポイントは奪えず、延長1分、攻めに出た瞬間に小外掛けでひっくり返されて一本負けした。

 最軽量級からは2年前の大会で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。