拡大する写真・図版「まだ失敗も多いけれど、お客さんが笑顔になってくれるのがうれしい」と話す大場由佳さんとニホンザルのあいちゃん=2020年12月2日、神戸市北区、松尾由紀撮影

[PR]

 着物風の衣装は、ニホンザルのあいちゃんと色違いだ。キンと冷えた冬の青空のもと、道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢(おおぞう)」(神戸市北区)でトントトトーンと太鼓をたたき、大場由佳さん(22)は猿まわしの公演を始めた。

 「頑張ります。楽しんでくださいね」。よく通る声に加え、「頑張る」では、開いた両手を顔の横に立て、「楽しむ」では、両手を胸の前で動かす。

 デビューからまだ4カ月だ。「世界できっと私だけ」の手話も使った猿まわしショーが始まった。

 大阪府泉南市で生まれ育った。物心ついたころから動物が大好きで、母が「動物について学べる」と教えてくれた府立農芸高校(堺市美原区)に進んだ。

 「どうして手話ができるの?」とよく聞かれる。自分は健聴者で、身内に手話が必要な人はいない。だけど、手話とは不思議に縁があった。

拡大する写真・図版大場由佳さんとともにパフォーマンスを披露する「アイノテ」=2020年12月2日、神戸市北区、松尾由紀撮影

 幼いころ、ガールスカウトの活…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら