[PR]

 「クレバ号が逃げた」。10月25日午後、兵庫県警の捜査員たちに動揺が走った。

 福崎町北部にある七種山。行方不明者の捜索にあたっていた警察犬・クレバ号が突然走り出し、鑑識課員の手からリード(引き綱)が離れてしまった。

 行方不明者を捜しに来た警察犬が逃げ出し、警察官たちがその犬を捜す――初めての事態だ。「人をかんだらどうするねん」「戻って来なかったらまずい」。県警内部ではそんな声が飛び交った。

「こんなに激励が来るのは珍しい」と舌巻く担当者

 クレバ号の正式な名前は、「ク…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。