[PR]

 第47回大阪府アンサンブルコンテスト(府吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は3日目の26日、八尾市文化会館で小学生、高校前半、大学の各部があった。審査の結果、金賞受賞校の中から堺市立向丘小(管打七重奏)と関西大(打楽器八重奏)が、関西大会に進む府代表に選ばれた。

 小学生1団体、高校47校、大学5校が出場した。

 向丘小の隈元陽菜実(ひなみ)部長(6年)は「緊張したが、楽しく吹けた。関西大会で聴衆がのれるような演奏を」と話した。

 関西大の打楽器パート首席、扇田歩美さん(3年)は「全体として良かった。出場予定で3月に中止となった全国大会の舞台に立ちたい」と意気込む。

 金賞に選ばれた関西創価高の村井陽子部長(2年)は「一体感ある演奏で楽しめた」。金賞の扇町総合高の木管セクションリーダー下村美琴さん(2年)は「平常心で演奏できた」と振り返った。

 府代表を除く金賞受賞校は次の通り。

 【高校】常翔啓光学園中・高、建国、浪速高・中、履正社、金光大阪中・高、関西創価、大阪学芸、大阪信愛学院中・高、生野、追手門学院大手前中・高、関西大中高、扇町総合、大阪国際大和田、あべの翔学、登美丘、山田、近大付

 【大学】大阪工(川本裕司)

関連ニュース