[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権第2日は26日、長野市のビッグハットで行われ、男子フリーはショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリーでも1位となり、合計319・36点で5年ぶり5度目の優勝を決めた。

 羽生は自信のあるジャンプを4分間のフリーに詰め込んだ。

 4回転はループ、サルコー、トーループ2本の計4本。そして二つのトリプルアクセル(3回転半)。この日朝の公式練習でもすべて着氷したものだった。

 今季は、新プログラムに挑戦し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら