[PR]

 25日にあったフィギュアスケートの全日本選手権・男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦の足換えシットスピンが無得点になったことに関し、競技の責任者が26日のフリー後、文書で説明した。

 ルールに「シット・ポジション(姿勢)のためには、回転脚の大腿(だいたい)部が少なくとも氷面に水平」「スピンの姿勢が成立するには連続した2回転が必要」「SPでは、どちらかの一方の足で姿勢が成立していなければノーバリュー(0点)になる」と定められているとした。その上で、「羽生選手のスピンについては、足換え前は姿勢が成立していますが、足換え後は2回転連続した姿勢が成立しておらず、ノーバリュー(0点)という認定になりました」とした。