[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権第2日は26日、長野市のビッグハットで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位につけていた17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)は180・19点で、合計278・79点となり、総合3位だった。

 「やべえ」

 フリーの演技直前、鍵山の耳に届いたのは190点を超す、宇野のフリーの点数。ジュニアから参戦した昨年の3位という順位を、最低限超えたいという思いも重圧に変わっていく。「緊張に負けた」。ジャンプでバランスを崩すミスが続き、180・19点。SP3位の宇野に抜かされただけでなく、昨年の全日本で自らがマークしたフリーの180・58点をも下回った。

 それでも、新型コロナウイルス…

この記事は有料会員記事です。残り592文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り592文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り592文字有料会員になると続きをお読みいただけます。