[PR]

 演技後に何度も繰り返したガッツポーズが、宇野昌磨(トヨタ自動車)の心境を物語っていた。「単純にうれしかった」「(4回転)サルコーが自分のものになってきた」

 できることは、やり尽くした。今季初戦が全日本という現実を考えれば、十分な出来だ。

 4本の4回転ジャンプを決めた。とりわけ宇野らしかったのは前日のSPで転倒したトーループだ。前半に挑んで3回転になったが、後半に4回転2本を成功させた。失敗をバネに進んできた23歳の真骨頂と言える。これはさすがだ。

 SPは3位と出遅れ、五輪2大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。