[PR]

エルグループ編集局長・坂井佳奈子さん

 世界45カ国・地域で発行する雑誌「ELLE(エル)」の情報網の中にいて、ジェンダーの問題は世界中で同じようにふりかかっている実感があります。なかでも日本の状況は深刻なのに、危機感がまひしているように思います。

 経済成長を効率よく達成するため、男性に残業も転勤もいとわず働いてもらう。そのために作られた仕組みを、今も続けているからではないでしょうか。

 私は2人目の子どもを妊娠したらママさん雑誌に異動となり、最初に勤めた出版社を辞めました。2年ほど家庭に入っていた時の行動範囲は公園とスーパー、薬局。社会から断絶されてつらかった。再就職の時の「働きたい!」という気持ちが今も続いています。

2020年、エルのデジタル版と4つの雑誌を統括する編集局長に就任した坂井さん。コロナ禍で人々の働く環境が一変する中で、ジェンダーの視点からも「良い兆し」が見え始めたといいます。

 ファッションの先端ではもはや…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。