[PR]

 イタリアのポンペイ遺跡で、「テルモポリウム」と呼ばれる大衆食堂のカウンターが発掘された。現代のファストフード店のようなもので、古代ローマの人気メニューがうかがえるという。

 AFP通信などによると保存状態は非常に良く、マガモや雄鶏などメニューにあったとみられる動物などのフレスコ画が色鮮やかに残っていた。陶器の鍋からはカモの骨や魚、カタツムリも見つかったという。

 ポンペイは西暦79年のベズビオ火山大噴火で埋没した。テルモポリウムはポンペイだけで80店ほどあったという。(鈴木春香)