[PR]

 福島県双葉町は今年春、一部で避難指示が解除されたが、住民の帰還は始まっていない。「避難して間もなく10年経つのに、何ら方向性が示されないとは」。国の方針が定まらない区域に自宅が残る泉田健一さん(73)は、自分の居場所が描けない現状にいらだちを募らす。

 家族3人で暮らしていた自宅は福島第一原発から5キロほどの距離にある。震災発生の翌朝、いつも通り犬の散歩に出掛けると、歩いてきた警察官に「逃げろ」と言われた。「避難の理由が原発と聞いて驚いた。家のテレビは地震でアンテナが切れ、大きな津波が来たことも知らなかった」

 双葉町は約200キロ離れた埼玉県加須(かぞ)市に役場を移した。「自分も町と一緒に動いた」。だが、1カ月半後、自らの判断で福島県内のホテルに移った。「当時の町長は加須から離れようとしなかった。加須がいいという人もいたが、町民も困っちゃってね。だって私らは福島県人だから」

 県内に戻って県庁に足を運んだ。「双葉町の仮設住宅は1軒もできていなかったので、『何でつくらないのか』と尋ねたら、『町が申請を出さないから』と聞いてびっくりした。集会を開いて町の方針について随分議論しましたね」

 震災がおきたのは町職員を退職…

この記事は有料会員記事です。残り1280文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1280文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1280文字有料会員になると続きをお読みいただけます。