[PR]

 山梨県道志村のキャンプ場で昨年9月に行方がわからなくなった千葉県成田市の小学2年、小倉美咲さん(8)の母とも子さん(37)は27日、村内のキャンプ場や道の駅で情報提供を求めるチラシを配った。

 この日は美咲さんの写真や特徴を記したチラシを約3千枚用意。とも子さんはキャンプに来た人たちに「いまだに娘がどこにいるか分かっていないので、ご協力よろしくお願いします」と声をかけ、美咲さんの祖母やボランティア、大月署員らとチラシを手渡していた。

 行方不明から1年経った9月には県警が改めてキャンプ場周辺を捜索。しかし、これまで美咲さんにつながる手がかりは見つかっていない。「昨年末は美咲と一緒に過ごせないつらさを感じ、『年が明けたら絶対娘を見つける』と思って探してきた。今年も美咲がいない年末年始になってしまうのかと焦りと恐怖を感じている」と胸中を語ったとも子さん。行方不明になる前の2018年の年末、美咲さんは「頑張って起きてる」と言って、初めて除夜の鐘を聞き、喜んでいたという。「今年の年越しは一緒に過ごしたい。ささいなことでも構わないので連絡してほしい」と呼びかけた。

 これまでに配ったチラシは約60万枚になった。県警には約3800件の情報が寄せられたが、有力な情報はない。情報はとも子さんが開設したホームページ(https://misakiogura.com/別ウインドウで開きます)か、大月署(0554・22・0110)へ。(玉木祥子)