[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】 父親のモヤモヤ④

 会社員に付きものなのが転勤です。そろそろかなあ、なんてソワソワした経験がある会社員も多いはず。子育てや介護など、いろいろなことが頭によぎります。転勤って本当に必要なの?

 取材班の高橋健次郎記者、丹治翔記者に素朴な疑問をぶつけました。朝日新聞ポッドキャストでお聞き下さい。主な内容は以下の通りです。

・自分と家族の間にギャップ

・煮え切らないシミュレーション

・転勤はもっと減らせる

有料会員の方は
音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こしたものではありません)

     ◇

Q:転勤のモヤモヤ、どんなケースがありますか。

高橋:引っ越しを15回し、結婚生活の半分が単身赴任という50代の男性がいます。妻は専業主婦からパート勤務、契約社員となったそうです。

 男性が言っていたのは、「何のために働いているのか」ということでした。大学生の子どもがいて、お金もかかり自宅に戻る機会も限られます。男性は家族への関心が高いですが、家族は違う。バランスがとれていないという話は、グサッときました。

Q:男性だけの話ではないですね。

丹治:私が取材したのは、パートナーの海外転勤に夫がついていったケースです。駐夫(ちゅうおっと)と名乗り、オンラインでネットワークづくりをしていました。日本に戻った後にキャリアをどう作っていくのか、そういったことを話しています。

 性別役割分担の意識もあって、…

この記事は有料会員記事です。残り905文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り905文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り905文字有料会員になると続きをお読みいただけます。