[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】 父親のモヤモヤ⑤

 洗濯はどうやる? 子どもに何を食べさせる? 家事や子育てをめぐり、夫婦は衝突しがち。うまくコミュニケーションを取れる方法はないものでしょうか。

 仕事と家庭の両立に悩む男性たちを描いた企画「#父親のモヤモヤ」で紹介した中には、「こだわり」で夫婦が衝突したケースも。取材班の高橋健次郎記者、河原夏季記者と考えました。朝日新聞ポッドキャストでお聞き下さい。主な内容は以下の通りです。

・花柄? ストライプ?

・子育てになると対立がむきだしに

・面倒を避けると面倒なことに……

有料会員の方は
音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こしたものではありません)

     ◇

Q:家事育児の「こだわり」で夫婦が衝突するケースがあるそうですね。

高橋:たとえば妻が育休中という男性のケースです。定時に帰り、子育てに関わっています。妻のこだわりが強いというメールをいただいて取材をしました。

 子どもに花柄の服を着せたら「ストライプを着せて」、顆粒(かりゅう)タイプの調味料を使ってみそ汁を作ったら「子どもに飲ませないで」と言われたと。お互いが歩み寄った方がいいかと思い、いろいろとすり合わせをしようとしたけれども「何もしなくていい」と言われてしまったそうです。夫と妻で逆のケースもあると思います。

河原:食べ物の話はわかります。1歳の息子がいるのですが、生まれて初めて食べるものは、「ほんもの」を食べさせたいという思いがあります。

Q:他にも何かこだわりはありますか?

河原:夫とは、洗濯物の干し方で…

この記事は有料会員記事です。残り875文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り875文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り875文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!